【テレビ】“最強ラッパー”R-指定 リズムのこだわり強すぎて普通の生活できず…

1: HIPHOPまとめ速報 2020/01/24(金) 22:21:57.88 ID:0srKsn2w9

“最強ラッパー”R-指定 リズムのこだわり強すぎて普通の生活できず…上沼も大笑い「だいぶ重症やで」
[ 2020年1月24日 21:32 ]
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/24/kiji/20200124s00041000443000c.html

HIP-HOPユニット「Creepy Nuts」のR-指定(左)とDJ松永Photo By スポニチ
no title

HIP-HOPユニット「Creepy Nuts」のR-指定(28)が24日、関西テレビ「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。リズムやタイミングの世界にいるため、普通の生活が送れなくなったことを明かした。

R-指定はラッパー日本一を決める「ULTIMATE MC BATTLE」で3連覇をするなど、最強の名をほしいままにしてきた。番組中にもその場で言われた“8つのワード”を盛り込んだ即興ラップを見せ、出演者たちを驚かせていた。

そんな“天才”R-指定だが、ラッパーならではの“極端なこだわり”があるのだという。それは、何をやるにしてもリズムをつけてしまうこと。そのリズムが気に入らなければ、何度でもその行動を繰り返してしまうのだという。

いわく「服を着たりするのも…自分の中でリズムがあって、左袖、右袖、首、っていうリズムがあって、それがひっかかってリズムが狂ったりとか…。逆にタイミング早すぎたり…。(気に入らなかったら)もう1回脱いでイチから着直す」とのこと。これを聞いたMCの上沼恵美子は「職業病やな」と大笑いだった。

同じ「Creepy Nuts」のDJ松永(29)は、R-指定と同居していた時のエピソードを披露。「ドアもガチャンガチャン」と開け閉めを繰り返したり、「歯磨きも何度もやるので20分くらいやってる」そうで、さらには「(何か気に入らなかったのか)シャワーも1時間くらい浴びてて…」と生活に支障をきたすほどの“こだわり”だったそう。

powered by Auto Youtube Summarize

Author: goodblessyou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です